アレルギーは大丈夫?アスミールの成分

アレルギーは大丈夫?アスミールの成分

■アスミールに含まれている代表的な成分

 

子供の身長を伸ばすための栄養補助食品であるアスミールには、
いったいどのような成分が含まれているのでしょうか。

 

 

 

・アルギニンや亜鉛、鉄、プラセンタなどの身長を伸ばすために有効な成分
・カルシウムやビタミンなどの栄養素
・味付けのためのココアパウダーとグラニュー糖

 

 

アスミールに含まれている成分にはどのようなものがあるのでしょうか。
まず、アスミールには様々な栄養素が含まれています。

 

 

身長を伸ばすために有効な成分としては、
アルギニンや亜鉛、鉄、プラセンタを挙げることができますね。

 

 

これらがバランスよく含まれているので、
身長を伸ばすことに対しても有効だと言われているのです。

 

 

またカルシウムやビタミンなどの栄養素も豊富。
栄養素以外には、味付けの成分が考えられます。
味付けのためにはココアパウダーとグラニュー糖が含まれていますよ。

 

 

■アスミールで考えられるアレルギー

 

アスミールで考えられるアレルギーには、いったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

・ごま、大豆由来のものが使われているほか、チョコレートアレルギーにも注意
・アルギニンは人によってはお腹を壊すこともあるので注意
・牛乳と混ぜて飲むことが勧められているので、牛乳アレルギーの人は工夫が必要

 

 

アスミールで考えられるアレルギーを見てみることにしましょう。
アレルギー持ちの子を持つ保護者の方には、
一番気になるポイントなのではないでしょうか。

 

 

まず、アスミールはチョコレートアレルギーの方は使うことができません。
味付けのココアパウダーがあるからです。

 

 

また、成分の中にはごまや大豆由来のものがあります。
ごまアレルギー、大豆アレルギーの方も注意するようにしてください。

 

 

身長を伸ばすために必要なアルギニンは人によってはお腹を壊すことも。

 

 

アレルギーではありませんし、
含まれているアルギニンの量が少ないので心配はほとんどいりませんが、
お腹の弱い子供なら少し様子を見て量を決めた方が良いでしょう。

 

 

また、アスミールは牛乳と混ぜて飲むものです。
牛乳アレルギーのかた、牛乳でお腹を壊してしまうような子の場合には、
控えた方が良いかもしれませんね。

 

 

■アスミールの品質管理や安全性

 

アスミールの生産では、
いったいどのような品質管理や安全性を心がけているのでしょうか。

 

 

 

・国内工場で生産されているほか、国内産の原料を使っている点で品質管理に安全性
・甘味料や着色料、保存料が無添加の点でも安心
・放射能の検査もしているので、安全性には気を遣っている

 

 

アスミールの品質管理はいったいどうなっているのでしょうか。
まず、アスミールの生産場所は国内です。

 

 

国内工場での生産のほか、原材料はすべて国内産。
品質管理や安全性にこだわっていることがよく分かる内容ですね。

 

 

また、甘味料や着色料、保存料が無添加というのも嬉しいポイントでしょう。
小さな子供に飲ませるものですから、
できる限り添加物がない方が良いと考える方が多いのではないでしょうか。

 

 

また、アスミールでは放射能の検査も行っております。
品質管理も安全性にも気を遣っているので、アレルギーの心配されなければ、
アスミールは安全に飲むことができるものだと思いますよ。

 

 

■アスミールの副作用は?

 

アスミールを摂取することによる副作用としては、
いったいどのようなものが考えられるのでしょうか。

 

 

 

・牛乳に混ぜて飲むので、お腹が弱い子は注意した方が良い
・摂取過剰で牛乳アレルギーになる人もいるので注意
・糖分が入っているので、取りすぎると肥満になる可能性もあるので摂取量は守るべき

 

 

アスミールの副作用には、いくつかのものが考えられます。
副作用と言っても、アスミールは医薬品ではなく栄養補助食品なので、
副作用として大きなものはありません。

 

 

ただし、過剰摂取には注意が必要なのです。
まず、牛乳と混ぜて飲むものなので、
お腹が弱い子は注意した方が良いと言うのは、上記でも説明したとおりです。

 

 

また、アスミールを飲みすぎると、過剰摂取で牛乳アレルギーになってしまう子も。
美味しくて飲みすぎると、大変なことになると言うことなのですね。

 

 

ほかにも、糖分が入っているので、
摂取過剰で肥満になってしまうこともあります。

 

 

肥満は身長の成長を妨げる大きな原因。
摂取量は守って生活の中に取り入れるようにしましょう。