違いはどこにある?ドクターセノビルとアスミック

違いはどこにある?ドクターセノビルとアスミック

■ドクターセノビルの特徴

 

子どもの身長を伸ばすためのサプリメントであるドクターセノビルには、
いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

・アルギニンを多く含んでおり、効率よくアルギニンを摂取できるのが特徴
・グレープフルーツ味でさっぱりした飲み口
・60日間の全額返金保証がついているので、効果が出なくても損はしない

 

 

身長を伸ばすサプリメントとして、ドクターセノビルはとても人気のあるものです。
ドクターセノビルはアルギニンをたっぷり含んでいるため、
効率よく摂取できるのが魅力的。

 

 

アルギニンは成長ホルモンの分泌を促進することができます。
普段の食事では必要量を補うことができないので、
ドクターセノビルで補助するのが理想的です。

 

 

飲み口はグレープフルーツ味でさっぱり。
スポーツドリンク感覚で飲み干すことができます。

 

 

60日間の全額返金保証がついているため、
効果が出なくても損はしにくいのが嬉しい点ですね。

 

 

■アスミールの特徴

 

子どもの身長を伸ばすためのサプリメントであるアスミールには、
いったいどのような特徴があるのでしょうか。

 

 

 

・カルシウムが多く含まれてバランスのとれたサプリメント
・亜鉛やビタミン、ミネラルなどの栄養分が豊富なココア味
・通常価格が4100円なので安く続けることができる

 

 

アスミールもまた、ドクターセノビルと同様に、
身長を伸ばすための栄養補助食品として人気のものです。

 

 

ですが、ドクターセノビルとは違った特徴を持つのがアスミール。
アスミールは、アルギニンに特化しているわけではなく、
カルシウムが多く含まれ、栄養バランスが取れているサプリメントなのです。

 

 

1杯で厚生労働省が定めた理想的な栄養摂取の基準に、
近い量で栄養素を取れるのは嬉しいですよね。

 

 

亜鉛やビタミン、ミネラルも豊富なので、偏食の子どもでも安心です。
ココア味なので、子どもも喜んでくれるはずです。

 

 

通常価格は4100円なので、
こうしたサプリメントの中では安くて続けやすいのも特徴ですね。

 

 

■ドクターセノビルとアスミールの大きな違い

 

ドクターセノビルとアスミールの大きな違いには、
いったいどのようなものがあるのでしょうか。

 

 

 

・ドクターセノビルはアルギニン、全体の栄養バランスならアスミール
・フルーツ系、ココア系で味が異なるため、子どもの味の好みにもよる
・続けやすいかどうかの値段の違い

 

 

まとめると、ドクターセノビルはアルギニン特化型、
全体の栄養バランスを見るのならアスミールです。

 

 

そのほかの違いでは、味の違いが大きいでしょうか。

 

 

ドクターセノビルはフルーツ系、アスミールはココア系です。
ドクターセノビルはすっぱいものが苦手な子は飲みにくいという口コミもありますので、
味の好みで選ぶこともできるでしょう。

 

 

値段も大きな違いです。
アスミールは一か月4100円なので、継続して飲むのに適しています。

 

 

ドクターセノビルは一か月で19800円なので、
アスミールに比べるとかなり高い印象ですね。

 

 

低購入でも9800円なので、やはりアスミールの安さと比べて、
継続して使いにくい印象はあります。

 

 

■ドクターセノビルとアスミールのどちらを選ぶべきなのか

 

ドクターセノビルとアスミールは、いったいどちらを選ぶべきなのでしょうか。

 

 

 

・生活習慣がしっかりしているようならドクターセノビルの方が効率よく効く
・アスミールは偏食で栄養バランスがしっかりしていない子供には効果的
・金額が大きくなってしまうが、併用して使うことも可能

 

 

ドクターセノビルとアスミールでは、特徴がかなり異なっています。
生活習慣がしっかりしている子なら、
アルギニン特化型のドクターセノビルの方が効果的でしょう。

 

 

ただし、偏食なので、普段の食生活のバランスが取れていない子は、
アスミールで様々な栄養素を摂取した方が健康的に身長が伸びます。

 

 

身長を伸ばすためにはまずは生活習慣を整えることが大切ですが、
環境的にそれができない子なら、アスミールの方が良いですね。

 

 

身長を伸ばすための努力をすべて試してみたと言う子は、
ドクターセノビルを使ってみることをお勧めします。

 

 

この二つは、金額は大きくなってしまいますが、
併用して使うことも可能ですよ。

 

 

どちらも試してみたいと言う人は、両方使ってみても良いかもしれません。